2021年5月(10ヶ月)フィデリティ・欧州株ファンド運用実績

2021年5月の運用実績_表題

こんにちは、かーくんです。

この記事では、2021年5月の「フィデリティ・欧州株ファンド」運用実績について紹介したいと思います。

このファンドは、英国および欧州の取引所に上場している大型・中小型の優良企業に投資を行っています。

本記事の内容は、以下となります。

  1. フィデリティ・欧州株ファンドの信託報酬
  2. フィデリティ・欧州株ファンドの組入銘柄(※上位10銘柄)
  3. 2021年5月のフィデリティ・欧州株ファンド運用実績

では、さっそく見ていきましょう。

フィデリティ・欧州株ファンドの信託報酬

フィデリティ・欧州株ファンドの手数料および信託報酬は、以下の表になっています。

買付手数料なし
信託報酬(以下、内訳)1.65%
—(委託)0.77%
—(販売)0.77%
—(受託)0.11%
—(信託財産留保護)

信託報酬は「1.65%」なので、比較的高いですね。

以下は、他のインデックスファンドとフィデリティ・欧州株ファンドの信託報酬を比較した表になります。

ファンド信託報酬
フィデリティ・欧州株ファンド1.65%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.0968%
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)0.1144%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.1023%

やはり、信託報酬の安いeMAXIS Slimやニッセイと比べると高い方ですね。

スポンサーリンク

フィデリティ・欧州株ファンドの組入銘柄

組込銘柄

フィデリティ・欧州株ファンドのポートフォリオに組み入れられている上位10銘柄を、以下の表で紹介します。

注) 組入上位10銘柄(組入銘柄数:49)は、2021年3月31日時点となります。

銘柄国・地域業種比率
ノボ・ノルディスクデンマークヘルスケア4.8%
プロサスオランダ一般消費財・サービス4.8%
SAPドイツ情報技術4.3%
ワールドラインフランス情報技術3.6%
インフォニオン・テクノロジーズドイツ情報技術3.4%
エクスペリアンジャージィー資本財・サービス3.0%
LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンフランス一般消費財・サービス2.9%
ブリティッシュ・アメリカン・タバコイギリス生活必需品2.6%
メルクドイツヘルスケア2.5%
グリフォルススペインヘルスケア2.5%

SAPやメルク、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコは聞いたことがありますが、他は見慣れない企業ですね。

他の知らない企業についても、また今度調べてみたいと思います。

次に、業種別組入状況について見ていきます。

業種組入の割合
資本財・サービス26.4%
ヘルスケア20.3%
情報技術19.6%
一般消費財・サービス11.8%
生活必需品9.8%
金融4.1%
コミュニケーション・サービス3.4%
素材2.2%

資本財・サービスの組入割合が1番多く、次にヘルスケア、テクノロジーとなっていますね。

この3つの業種だけで半分以上を占めています。

最後に、組入上位5ヶ国・地域を確認します。

国・地域組入の割合
イギリス19.2%
ドイツ19.0%
オランダ14.3%
フランス11.7%
スイス9.5%

やはり、イギリスとドイツが多くを占めていますね。

この2ヶ国に続いて、オランダ、フランス、スイスとなっています。

スポンサーリンク

2021年5月のフィデリティ・欧州株ファンド運用実績

フィデリティ欧州株ファンド_2021年5月
基準価格リターン損益率
2020/1033,130円-2,244円-6.8%
2020/1142,229円1,259円3.0%
2020/1260,979円3,719円6.1%
2021/171,580円2,623円3.7%
2021/275,550円4,287円5.7%
2021/396,699円8,156円8.4%
2021/4107,499円12,659円11.8%
2021/5116,072円14,976円12.9%

※2020年7月から、フィデリティ・欧州株ファンドに投資しています。

2020年7月から9月までは、評価損益がほぼプラマイゼロでした。

プラスになったり、マイナスになったり。

しかし、2020年10月末に大きな下落を受けて、2020年10月の評価損益は「-6.8%」となりました。

そこから持ち直して、2020年11月以降は、評価損益が(なんとか)プラスになっています。

(欧州ありがとう~!!)

2021年2月ごろまでは、評価損益があまり増えていませんでしたが、3月以降は好調ですね。

最近は、欧州の株式市場が好調な気がします。

ドイツDAXは、高値を更新しています。

意外と、イギリスは2020年1月ごろの高値を超えられていません。。。

6月は、どのような運用成績になるのか。

また来月、6月の運用実績を報告したいと思いますー

ではまた!

スポンサーリンク