【2021年12月(24ヶ月目)】つみたてNISA運用実績

202112_表題

こんにちは、かーくんです。

この記事では、2021年12月のつみたてNISA運用実績について紹介したいと思います。

毎月更新していますので、ぜひご覧ください。

2021年11月のつみたてNISA運用実績は、下記の記事で紹介しています。

関連記事

こんにちは、かーくんです。この記事では、2021年11月のつみたてNISA運用実績について紹介したいと思います。毎月更新していますので、ぜひご覧ください。2021年10月(先月)のつみたてNISA運用実績は、下記の記事で紹介し[…]

202111_表題

本記事の内容は、以下となります。

  1. 2021年12月のつみたてNISA運用実績
  2. 各保有ファンドの運用実績
  3. まとめ|1月の株式市場に向けて

では、さっそく見ていきましょう。

2021年12月のつみたてNISA運用実績

202112_つみたてNISA運用実績

2021年12月のつみたてNISA運用実績は、上の図のようになりました。

つみたてNISAを24ヶ月、積み立てた基準価格「802,436円」に対して、トータルリターンは「+248,907円」という結果です。

12月のつみたてNISA運用実績の合計は「1051,343円」となりました。

12月の世界の株式市場は、11月中旬に始まった調整から回復してくれましたね。

と言っても、アメリカを除く株式市場(欧州や新興国)は、11月初旬の最高値付近でもみ合っている感じです。

アメリカ株式市場だけが史上最高値を更新し続けています。

さすが、USA。。。

次に、2021年12月までのつみたてNISA運用実績を比較したものが下の図となります。

※データが多くなってきたので、2021年7月から12月までを抜粋して記載しています。

202112_つみたてNISA運用

2021年11月(先月)のトータル評価損益が「+25.9%」に対して、2021年12月の評価損益は「+31.0%」と増加しています。

12月の評価損益は、今年最高益となりました。

2021年を気持ちよく締めくくることができました!

スポンサーリンク

各保有ファンドの運用実績

各保有ファンドの成績

次は、各保有ファンドの運用実績について紹介していきます。

保有ファンドは以下の9つとなります。

  1. ひふみプラス
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  4. たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
  5. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  6. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  7. SMT 新興国株式インデックス・オープン
  8. ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
  9. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

では、各保有ファンドの成績を見ていきましょう。

ひふみプラス

2021年12月のトータルリターンは、「+6,785円」となりました。

12月の評価損益は「+11.9%」となっており、前月の評価損益「+10.5%」に比べて増加しています。

レンジ相場ですね。(笑)

11月から少し回復しましたが、まだまだですね。

2021年のつみたてNISA運用実績において”足を引っ張った”ファンドです。。。

来年こそは。。。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

2021年12月のトータルリターンは、「+79,417円」となりました。

12月の評価損益は「+44.8%」となっており、前月の評価損益「+38.2%」よりも増加しています。

12月の評価損益は、今年最高益となりました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021年12月のトータルリターンは、「+48,086円」となりました。

12月の評価損益は「+42.8%」となっており、前月の評価損益「+35.6%」よりも増加しています。

こちらも評価損益は、今年最高益となりました。

2021年のアメリカS&P500は、年間27%高で1年締めくくりました。

確か、今年のS&P500は、史上最高値を70回ほど更新していましたね。

スポンサーリンク

たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>

※たわらノーロードは、2021年12月に積み立てをストップして他のファンドに資金を回しています。

 解約はしていないので、この記事でも報告させていただきます。

2021年12月のトータルリターンは、「+13,802円」となりました。

12月の評価損益は「+31.5%」となっており、前月の評価損益「+25.8%」よりも増加しています。

こちらのファンドも、評価損益が今年最高益となりました。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

2021年12月のトータルリターンは、「+41,959円」となりました。

12月の評価損益は「+41.0%」となっており、前月の評価損益「+34.2%」よりも増加しています。

11月の調整から大きく回復していますね!

また、評価損益も今年最高益となっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

2021年12月のトータルリターンは、「+35,527円」となりました。

12月の評価損益は「+36.4%」となっており、前月の評価損益「+30.4%」と比較して増加しています。

こちらも、評価損益が良い感じに回復して、最高益となっています。

スポンサーリンク

SMT 新興国株式インデックス・オープン

2021年12月のトータルリターンは、「+2,218円」となりました。

12月の評価損益は「+3.9%」となっており、前月の評価損益「+1.9%」よりも増えています。

2021年は、なんとかプラスでフィニッシュしました。

2021年のつみたてNISA運用実績において”パフォーマンスが悪く、足を引っ張った”ファンドです。

そりゃあそうですよね。。。(笑)

2022年はどうなることやら。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

2021年12月のトータルリターンは、「+6,772円」となりました。

12月の評価損益は「+9.4%」となっており、前月の評価損益「+7.3%」よりも増加しています。

安定していますね。

評価損益は、もう少しで最高益です。

来年2022年に期待です!

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

2021年12月のトータルリターンは、「+14,341円」となりました。

12月の評価損益は「+17.3%」となっており、前月の評価損益「+14.2%」よりも増えています。

こちらのファンドも、最高益まであと少しです。

引き続き、愚直に積み立てるのみですね!

スポンサーリンク

まとめ|1月の株式市場に向けて

この記事では、2021年12月のつみたてNISA運用実績について紹介しました。

12月の「つみたてNISA」全体の運用実績(パフォーマンス)は、「今年最高益」という結果になりました。

2021年お疲れ様でした!

2021年もインデックス投資で大きなリターンが得られた素晴らしい1年でした。

地合いが良かった。。。

2022年も少しずつでいいので株価が上がってほしいものですね。

「2022年の株式市場は、あまりパフォーマンスが良くないだろう」というのが、多くのアナリストの予想となっているみたいですね。

まぁ、テーパーリング終了や利上げが予定されているので、株式市場にとって辛い局面かもしれませんね。

どこまで織り込んでいるのか分かりませんが。。。

ただし、悲観的な意見が多いとき(意見が偏っているとき)には、その通りにならないことが(株式投資で)よくあります。

2022年の投資は広い視野を持って、決めつけず冷静に対応することが、ポイントになるかもしれませんね。

それでは、また1月の運用実績でお会いしましょう!

(2022年が皆さんにとって素晴らしい年になりますように)

スポンサーリンク