【2021年トータルVer.】つみたてNISAの年間パフォーマンス

こんにちは、かーくんです。

この記事では、2021年の「つみたてNISAの年間パフォーマンス」について紹介します。

全体の運用パフォーマンスから個別ファンドの年間パフォーマンスまで紹介していきたいと思います!

最後は、Myファンド・ランキングについて紹介います!

本記事の内容は、以下となります。

  1. 2021年のつみたてNISA運用パフォーマンス
  2. 各保有ファンドの年間パフォーマンス
  3. ファンド・ランキング(ワイのつみたてNISA Ver.)

では、さっそく見ていきましょう。

2021年のつみたてNISA運用パフォーマンス

2021年のつみたてNISA運用パフォーマンスは、上の図のようになりました。

評価損益は、年間で「+15.7%」という結果です。

トータルリターンは、年間で「+187,326円」という結果です。

個別株とかに比べたら、まぁまぁって感じなんですかね。

この後、個別で保有ファンドの年間パフォーマンスを見ていきますが、足を引っ張っているファンドがあるため全体の運用パフォーマンスが落ちています。。。

ただし、銀行預金の金利よりもリターンは得られていると思います!

各保有ファンドの年間パフォーマンス

各保有ファンドの成績

次は、各保有ファンドの年間パフォーマンスについて紹介していきます。

保有ファンドは以下の9つとなります。

  1. ひふみプラス
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  4. たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
  5. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  6. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  7. SMT 新興国株式インデックス・オープン
  8. ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
  9. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

では、各保有ファンドの年間パフォーマンスを見ていきましょう。

ひふみプラス

2021年の評価損益は、「-8.5%」という結果になりました。

まさかのマイナス。。。(笑)

え、どゆこと。(笑)

日本株あるある???

ということで、2021年のひふみプラスは、マイナスのパフォーマンスで終了しました。。。

スポンサーリンク

楽天・全米株式インデックス・ファンド

2021年の評価損益は、「+25.9%」という結果になりました。

インデックス投資でこれだけのパフォーマンスは、素晴らしいのではないでしょうか?

さすが(ほぼ)全米の企業に投資している分はあります。

2021年の楽天・全米株式は、大きくプラスのパフォーマンスで終了です。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021年の評価損益は、「+28.2%」という結果になりました。

おお、こちらは全米株式よりもパフォーマンスが良かった感じですね!

2021年はあのNasdaq指数よりもS&P500の方がパフォーマンスが良かったみたいですし。。。

2021年はS&P500最強でした。。。

ということで、2021年の米国株式(S&P500)は、大きくプラスのパフォーマンスで終了です。

たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>

2021年の評価損益は、「+14.0%」という結果になりました。

(米国株式よりも大きなリターンはありませんが)こちらも、しっかりプラスでフィニッシュしましたね。

よかった!

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

2021年の評価損益は、「+25.1%」という結果になりました。

2021年は安定して含み益を伸ばしてくれたファンドです。

ありがとう。

評価損益はS&P500に近いパフォーマンスとなっています!

2021年の先進国株式は、大きくプラスのパフォーマンスで終了です。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

2021年の評価損益は、「+19.1%」という結果になりました。

こちらのファンドも、評価損益がしっかりプラスでフィニッシュしてくれました。

2021年は安定して含み益が伸びていましたね。

世界経済さま、2022年も引き続き、よろしくお願いいたします。

ということで、2021年の全世界株式は、大きくプラスのパフォーマンスで終了です。

SMT 新興国株式インデックス・オープン

2021年の評価損益は、「-5.9%」という結果になりました。

はい???(笑)

うそーーーん。

ひふみプラスと同じく、マイナス。。。

2021年のパフォーマンス全然ダメじゃん。

まぁ、中国の株式市場が絶望状態でしたからね。

しょうがないというか。。。

2022年は、き、期待したい。

ということで、2021年のSMT 新興国株式は、マイナスのパフォーマンスで終了です。

スポンサーリンク

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

2021年の評価損益は、「+5.0%」という結果になりました。

こちらのファンドは、ひたひたと含み益が伸びています。

リターンは小さかったですが、1年を通して安定したパフォーマンスを出していました。

2021年のニッセイ・インデックスバランス(4資産均等型)は、プラスのパフォーマンスで終了です。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

2021年の評価損益は、「+8.5%」という結果になりました。

こちらのファンドも安定していましたね。

他の株式ファンドよりもパフォーマンスは良くありませんが、プラスでフィニッシュしてくれたので良かったです。

なんと言っても安定感が良い!

ということで、2021年のバランス(8資産均等型)は、プラスのパフォーマンスで終了です。

ファンド・ランキング(ワイのつみたてNISA Ver.)

私が保有しているファンド・ランキング2021を発表したいと思います。

じゃかじゃかじゃかじゃかじゃかじゃか~

じゃん!!!

1位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)【+28.2%

2位:楽天・全米株式インデックス・ファンド【+25.9%】

3位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス【+25.1%】

4位:MAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)【+19.1%】

5位:たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>【+14.0%】

6位:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)【+8.5%】

7位:ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)【+5.0%】

8位:SMT 新興国株式インデックス・オープン【-5.9%】

9位:ひふみプラス【-8.5%

こんな感じです。

最初は、SMT 新興国株式インデックス・オープンの方がパフォーマンスが悪いと思っていたのですが、2021年トータルで計算してみると「ひふみプラス」でしたね。

ひふみプラスは、昨年の上昇が大きかった分、2021年で見ると、大きな落ち込みとなっていますね。

とは言っても、新興国株式も、2021年かなりパフォーマンスが悪かったです。。。

いかがでしたか?

皆さんのつみたてNISAは、ことし一年(2021年)どのようなパフォーマンスだったのでしょうか?

S&P500といった米国株式に投資している人は、リターンが大きかったと思います。

さすがアメリカですね。

2022年は、各ファンドがどのようなパフォーマンスを出すのか楽しみですね!

この記事が、何か皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク