【2022年6月(29ヶ月目)】つみたてNISA運用実績

こんにちは、かーくんです。

この記事では、2022年6月のつみたてNISA運用実績について紹介したいと思います。

6月の株式市場は、「絶望のブルトラップ」でした。

6月の前半では5月に続き続落、中旬は回復したかな?と思わせて6月後半に絶望の続落。。。

5月中旬までは「インフレ」が株式市場のテーマでしたが、6月に入ってから「景気後退」が株式市場のテーマになりつつあります。

いまの下落相場が辛い方もおられると思いますが、以下の記事で紹介している「私の爆損談」が何かの役に立てば幸いです。

関連記事

こんにちは、かーくんです。この記事では、過去に私が米国株で爆損した(苦しかった)ときの話をしようと思います。人によっては、「それくらいの金額かよ~」となるかもしれませんが、当時の私にとってはかなりきつかったです。笑やはり投資で[…]

さてさて。

2022年5月のつみたてNISA運用実績は、下記の記事で紹介しています。

毎月更新していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

こんにちは、かーくんです。この記事では、2022年5月のつみたてNISA運用実績について紹介したいと思います。5月の株式市場は、「ジェットコースター」のような相場でしたね。5月の前半は絶望から始まり、後半は少し盛り返した感じで[…]

本記事の内容は、以下となります。

  1. 2022年6月のつみたてNISA運用実績
  2. 各保有ファンドの運用実績
  3. まとめ|7月の株式市場に向けて

では、さっそく見ていきましょう。

2022年6月のつみたてNISA運用実績

2022年6月のつみたてNISA運用実績は、上の図のようになりました。

つみたてNISAを29ヶ月、積み立てた基準価格「995,615円」に対して、トータルリターンは「+181,634円」という結果です。

6月のつみたてNISA運用実績の合計は「1,177,249円」となりました。

6月は、ひふみプラスがマイ転。。。

次に、2022年6月までのつみたてNISA運用実績を比較したものが下の図となります。

※データが多くなってきたので、2022年1月から6月までを抜粋して記載しています。

2022年5月のトータル評価損益が「+22.3%」に対して、2022年6月の評価損益は「+18.2%」と減少しています。

6月も含み益がひたすら減った月でした。

ただ、円安の影響により、含み益の減少はだいぶ抑えられている感じです。

6月は、ドル円が1ドル=137円まで上昇しましたね。。。

急激に円安が進みすぎ。。。

ちなみに、データが残っている1,2年ほど前のデータで見ると、以下の図のようになっています。

今年に入ってから、2021年の利益をただ減らしている。。。オワタ

今年に入ってからの下落は、2020年のコロナショックに匹敵する下落ですね。

コロナショックの時では、痛み(暴落)は一瞬だったけど、今回は痛みがじわじわと長い(たちが悪い)。笑

S&P500種株価指数は、上半期の騰落率が1970年以来の最悪となっています。

(こんなけ下落していたら、そうなるよね)

Bloomberg.com

30日の米株式相場は下落。低調な個人消費の統計を受けてリセッション(景気後退)を巡る懸念が強まり、売りが進んだ。S&P5…

各保有ファンドの運用実績

各保有ファンドの成績

次は、各保有ファンドの運用実績について紹介していきます。

保有ファンドは以下の9つとなります。

  1. ひふみプラス
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  4. たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
  5. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  6. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  7. SMT 新興国株式インデックス・オープン
  8. ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
  9. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

では、各保有ファンドの成績を見ていきましょう。

ひふみプラス

2022年6月のトータルリターンは、「-3,497円」となりました。

6月の評価損益は「-5.3%」となっており、前月の評価損益「+0.2%」に比べて減少しています。

6月の評価損益は、大きくマイナスとなってしまいました。

相変わらず、ひふみプラスというか日本株も不調ですね。

円安の恩恵はどこ行ったんじゃいーー。。。(オワタ)

スポンサーリンク

楽天・全米株式インデックス・ファンド

2022年6月のトータルリターンは、「+60,297円」となりました。

6月の評価損益は「+27.5%」となっており、前月の評価損益「+33.2%」よりも減少しています。

5月に続き、6月の評価損益も減少傾向。

今年2月の評価損益を下回ってきました。。。

アメリカ株式市場の下落トレンドは続いていますが、今は我慢しながら(長期目線で)愚直に積み立てるのみですね。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2022年6月のトータルリターンは、「+38,036円」となりました。

6月の評価損益は「+26.7%」となっており、前月の評価損益「+32.2%」よりも減少しています。

記事の冒頭でも書きましたが、S&P500も「上半期の騰落率が1970年以来の最悪」となっており、昨年の含み益を食いつくす勢いで減少しています。

長期投資家には、握力も大事ですね。

投資でパフォーマンス(運用実績)が高い人は

  1. 亡くなっている人
  2. 運用していることを忘れている人

みたいですし。

たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>

2022年6月のトータルリターンは、「+2,151円」となりました。

6月の評価損益は「+4.9%」となっており、前月の評価損益「+14.8%」よりもかなり減少しています。

このファンドは、含み益がかなり減少しましたね。

‟為替ヘッジあり”の場合、円安の恩恵を受けられない為替ヘッジコストがかかる金利差が大きい場合は注意)ので、いまの状況はかなり悪いですね。

2022年6月時点で円とドルの金利差はかなり開いています。。。

それらの影響もあり、含み益がかなり減っていますね。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

2022年6月のトータルリターンは、「+32,583円」となりました。

6月の評価損益は「+25.2%」となっており、前月の評価損益「+31.0%」よりも減少しています。

こちらも、評価損益は、引き続き減少ですね。

愚直に積み立てるのみ!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

2022年6月のトータルリターンは、「+27,628円」となりました。

6月の評価損益は「+22.4%」となっており、前月の評価損益「+27.7%」と比較して減少しています。

世界的(主にアメリカ)にも、景気後退(リセッション)懸念が浮上していることから、世界の株式市場は軟調となっています。

ここから、ずぶずぶ下がっていくのは困りますね。。。

世界経済がリセッションに投入するのはマズイ。

SMT 新興国株式インデックス・オープン

2022年6月のトータルリターンは、「+1,378円」となりました。

6月の評価損益は「+1.7%」となっており、前月の評価損益「+3.4%」よりも若干減少しています。

新興国の株式市場の下落は、先進国の株式市場と比べて抑えられている感じがしますね。

中国の株式市場も比較的安定しており、6月は上昇が多かった気がします。

スポンサーリンク

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

2022年6月のトータルリターンは、「+4,217円」となりました。

6月の評価損益は「+4.7%」となっており、前月の評価損益「+6.6%」よりも減少しています。

こちらのファンドは、債券が組み込まれているので比較的安定していますが、それでも軟調ですね。

5月までは「インフレ懸念」で債券売り&株安により地獄相場だったのですが、6月に入ってから「景気後退懸念」が出てきて債券が買われています。

債券が買われると、ある程度ヘッジが効くかな~と考えているのですが、どうでしょう。。。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

2022年6月のトータルリターンは、「+11,847円」となりました。

6月の評価損益は「+11.9%」となっており、前月の評価損益「+14.2%」よりも減少しています。

こちらのファンドも株式以外に債券などが組み込まれているので、「あまり下落していないかな~」と思っていたのですが、ダメでしたね。

6月は、いろいろな商品が売られていたので、このファンドも大きく影響を受けた感じですね。

スポンサーリンク

まとめ|7月の株式市場に向けて

この記事では、2022年6月のつみたてNISA運用実績について紹介しました。

6月の株式市場は、「上昇するのか?」と見せかけて下落する、「絶望のブルトラップ」状態でした。

本記事の冒頭でも記載しましたが、5月までは「インフレ懸念」で6月からは「景気後退懸念」が相場テーマとなっています。

ある程度、インフレは織り込んでいるように見えますが、指標1つで再びインフレ懸念が再熱するかもしれません。

それに「景気後退懸念」が乗っかる感じですね。

まさに、絶望。。。笑

何かプラス材料が出てきたら嬉しいんですがね~。

最近、アメリカ企業(特にハイテク企業)のレイオフが目立ってきています。

以下の図に示すように、ハイテク企業でレイオフの流れが加速しています。

テスラ【TSLA】やユニティー【U】もレイオフを発表していますね。

次の四半期の決算発表では、経営状況(売上高に加えて利益率)について、しっかり確認した方が良さそうですね。

それでは、また7月の運用実績で!