【CRM】SaaSの王者!テクノロジー業界にSaaSを浸透させた先駆者 |セールスフォース・ドットコム

CRM_表題

こんにちは、かーくんです。

この記事では、驚異的な売上高成長率を出している、セールスフォース・ドットコム【NYSE:CRM】の企業情報や貸借対照表、決算を解説します。

セールスフォース・ドットコム【NYSE:CRM】は、下記のRPA・DX関連銘柄となっています。

RPA・DX関連で、他の銘柄も気になる方はご覧ください!

関連記事

こんにちは、かーくんです。最近、デジタル化の流れもありDXやRPAが注目されています。この記事では、デジタルトランスフォーメーション(DX)とロボティクスプロセスオートメーション(RPA)の投資機会と関連銘柄について解説します。[…]

RPAのメリット

本記事の内容は以下になります。

  1. セールスフォース・ドットコムの企業情報
  2. セールスフォース・ドットコムの貸借対照表
  3. セールスフォース・ドットコムの決算

セールスフォース・ドットコム【NYSE:CRM】は、一体何をしている企業か?

さっそく見ていきましょう。

セールスフォース・ドットコムの企業情報

<Ticker symbol>

セールスフォース・ドットコム【NYSE:CRM】

<関連分野>

SaaS、AI、DX

<企業情報>

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com, Inc.)は、企業と顧客をつなぐCRM(顧客管理)ソリューションをクラウド経由で提供している企業です。

セールスフォースの顧客管理(CRM)システムは、1999年にサンフランシスコの小さなアパートで働いていた4人の創業者によって開発されました。

これは、マーケティングや営業、コマース、サービスなど全ての部署で、顧客一人ひとりの情報を一元的に共有できる統合CRMプラットフォームになります。

今では、15万社を超える企業がこのプラットフォームを使用して、顧客関係を強化することでビジネスを成長させています。

また同社は、金融や医療、小売、製造、公共機関、通信分野に製品・サービスを幅広く展開しており、CRM市場で世界シェア1位を獲得しています。

同社は創業以来、テクノロジーの力で人と人とのつながりをより強固なものにすることにより、世界をより良い方へと変えていくことを目指しています。

<事業概要>

セールスフォース・ドットコムのソフトウェア・サービスは、主に「Sales」「Service」「Platform&Other」「Marketing&Commerce」の4つのカテゴリーに分類されます。

カテゴリーの中でも、営業支援「Sales Cloud」やカスタマーサービス「Service Cloud」、マーケティング「Marketing Cloud」と、細かくニーズに合わせてソフトウェア・サービスを提供しています。

その他のニーズ別サービスでは、eコマースや分析、人材育成・学習、プロダクティビティ向けのプラットフォームを提供しています。

Sales Cloud:売上予想、リード管理、顧客と営業情報の管理、営業プロセスの自動化、等の機能で営業の生産性向上

Service Cloud:ナレッジベース提供、他社アプリとの連携、商談のトラッキング、各種メールテンプレ等でカスタマーサービスの生産性向上

Marketing Cloud:カスタマージャーニーの管理やデータ管理プラットフォーム、マーケティングプロセスの自動化等でマーケティングの効率化

Commerce Cloud:注文管理システムやAI活用のCVR向上、自由度の高いカスタマイズ等でeコマースの収益向上

また同社は、これらの「○○ Cloud」を1つにまとめた「Salesforce Customer 360」というCRMプラットフォームも提供しています。

Salesforce Customer 360は、営業やマーケティング、カスタマーサポート、eコマース等を連携させて、顧客獲得と満足度向上を図る製品です。

アプリケーション/ソフトウェアの詰め合わせパックのようなイメージです。

<注目ポイント>

セールスフォース・ドットコムは、世界一の顧客関係管理(CRM)プラットフォーム企業です。

同社は、「サービス型ソフトウェア(SaaS)」のビジネスモデルをテクノロジー業界に浸透させた先駆者です。

同社が開発した顧客管理(CRM)システムは、すべてのソフトウェアと重要な顧客データがインターネットで提供され、サブスクリプション・サービスとして利用できます。

また、同社のプラットフォームは、バックオフィス業務を自動化することで、企業の成長と収益向上に貢献しています。

スポンサーリンク

セールスフォース・ドットコムの貸借対照表

CRM_貸借対照表

セールスフォース・ドットコムの貸借対照表になります。(※2021年7月時点)

自己資本比率は、62.58%となっています。

流動比率は133%、当座比率は119%となっています。

固定比率は、23.6%です。

流動比率が100%を上回っているので、短期的な支払い能力は問題なさそうです。

少し厳しく安全性を見ても、当座比率が100%を上回っているので、大丈夫そうです。

固定比率は100%よりも低い水準なので、長期的な財務健全性も良さそう見えます。

セールスフォース・ドットコムの決算

ここでは、セールスフォース・ドットコムの「売上高とEPS(1株当たりの利益)」と「営業利益と当期純利益」を、四半期と通期に分けて見ていきます。

売上高とEPS(1株当たりの利益)

<四半期>

CRM<四半期>_売上高&EPS

※四半期)Q1:2019/4、Q2:2019/7、Q3:2019/10…..

2020年四半期の売上高は、Q1~Q4の全てで前年同期比を上回っています。

2020年四半期のEPS(1株当たりの利益)は、Q2~Q4で前年同期比を上回っています。

以下で、各年の四半期決算を見ていきます。

2019年の売上高はQ1~Q4で増加傾向にあり、EPSはほぼ横ばい状態でした。

2020年の売上高はQ1~Q4で右肩上がりに増加し、EPSはQ1~Q3まで好調でした。

※EPSは、Non-GAAPを参照

<通期>

CRM<通期>_売上高&EPS

通期の売上高およびEPS(1株当たりの利益)は、2017年から2021年決算まで堅調に増加しています。

売上高およびEPS成長率は、右肩上がりに増加しており好調です。

素晴らしい伸びですね。

同社は、収益性と成長性を兼ね備えた企業ですね。

※EPSは、Non-GAAPを参照

営業利益と当期純利益

<四半期>

CRM_<四半期>_営業利益&当期純利益_ver2

※四半期)Q1:2019/4、Q2:2019/7、Q3:2019/10…..

2020年四半期の営業利益および当期純利益は、Q2~Q4で前年同期比を上回っています。

以下で、各年の四半期決算を見ていきます。

2019年四半期の営業利益当期純利益は、あまり冴えない感じでしたね。

2020年四半期では、営業利益が改善しており、当期純利益は底堅く推移しています。

(Q2の伸びはすごいですね)

<通期>

CRM_<通期>_営業利益&当期純利益

通期の営業利益は、2017年から2021年決算まで底堅く黒字となっていますが、増加傾向には無いみたいですね。

当期純利益は、2017年から2020年決算まであまり冴えない感じでしたが、2021年決算で大きく増加しています。

売上高を伸ばしながら、利益も一定水準確保できている状態ですね。

グロース銘柄としては、魅力的ですね。

営業利益当期純利益が右肩上がりに増加し始めたら、さらに魅力的な銘柄になりそうです。

今後のさらなる成長が楽しみです。

スポンサーリンク