【FICO】クレジットスコア・サービスでNo.1!大手金融機関の90%超が「FICOスコア」を使用|フェア・アイザック

こんにちは、かーくんです。

この記事では、売上高営業利益率が30%を超えている、フェア・アイザック【NYSE:FICO】の企業情報や貸借対照表、決算を解説します。

フェア・アイザック【NASDAQ:FICO】は、下記のサイバーセキュリティ関連銘柄となっています。

サイバーセキュリティ関連で、他の銘柄も気になる方はご覧ください!

関連記事

こんにちは、かーくんです。技術の発展によりデジタル化(オンライン化)が進んだことで、サイバーセキュリティに対する重要性が高まっています。2020年に入ってからは、テレワークやオンライン診断、eコマースが当たり前となったことで、そ[…]

本記事の内容は以下になります。

  1. フェア・アイザックの企業情報
  2. フェア・アイザックの貸借対照表
  3. フェア・アイザックの決算

フェア・アイザック【NYSE:FICO】は、一体何をしている企業か?

さっそく見ていきましょう。

フェア・アイザックの企業情報

<Ticker symbol>

【NYSE:FICO】

<関連分野>

AI、フィンテック、サイバーセキュリティ

<企業情報>

フェア・アイザック(Fair Isaac Corp)は、クレジットスコア・サービスや予測分析ソフトウェアなどを提供している企業です。

同社は、銀行や製造業、小売・Eコマース、政府機関などに事業を展開しています。

同社のクレジットスコア「FICOスコア」は、米国の消費者信用リスクの標準指標となっており、大手金融機関の90%以上が使っていると言われています。

同社の信用リスク分析サービス(FICOスコア等)は、金融機関のほかに政府機関も活用しており、世界トップクラスのリスク分析サービスを提供しています。

同社は、分析技術とAIを組み合わせた「FICOプラットフォーム」により、企業のやりとりをリアルタイムで予測・分析・最適化し、意思決定を改善しています。

このプラットフォームは、90ヵ国以上の企業に導入されており、企業のDX化にも貢献しています。

<事業概要>

フェア・アイザックは、<企業概要>で説明したプラットフォームを軸に5つのソリューションを提供しています。

その5つのソリューションは、「Decision Management and Optimization」「Customer Development」「Debt Collection and Recovery」「Fraud Protection and Compliance」「Scoring Solutions」です。

Decision Management and Optimizationは、意思決定の管理・分析・最適化を行い、顧客エンゲージメントを強化するソリューションです。

機械学習や高度な分析ツールを使うことで、よりスマートでパーソナライズ化された意思決定を行い、運用を合理化、顧客体験を向上させることができます。

Customer Developmentは、インテリジェントで統合された意思決定により、収益性の高い顧客を獲得し、顧客満足度を向上・維持するソリューションです。

マーケティングのアドバイスや価格の最適化、顧客リストの管理といった機能・ツールを備えており、顧客獲得に向けた支援を包括的に行っています。

Debt Collection and Recoveryは、海外取引で問題になってくる債券回収(ローン回収)に関するソリューションです。

このソリューションは、高度な分析テクノロジーを使用して、費用対効果の高い方法で債券(ローン)を回収することができます。

日本では聞きなれないビジネスですが、米国などでは当たり前のビジネスみたいですね。

Fraud Protection and Complianceは、AIを使って顧客・企業のライフサイクル全体で、詐欺や金融犯罪を防止するソリューションです。

アカウント乗っ取り防止や支払い詐欺の防止、マネーロンダリング防止といった内容が含まれています。

不正防止とコンプライアンス管理を行ってくれるソリューションみたいですね。

Scoring Solutionsは、同社で30年以上にわたり提供されている、信用リスクのスコアリング・ソリューションです。

スコアリングを行う製品・サービスの販売、スコアリングの分析(リスク分析)、信用リスクのサポートなどを行っています。

スポンサーリンク

<注目ポイント>

フェア・アイザックは、クレジットスコア「FICOスコア」で圧倒的なシェアを持っている企業です。

信用リスクの分析に強みをもっており、長年にわたり信用リスクのソリューションを提供しています。

世界中の企業に対し、意思決定の改善、効率的な顧客獲得、顧客価値の向上、不正防止サービスなどを提供しています。

同社は、新たな成長戦略を見出すことに成功しており、革新的なソフトウェア製品も販売しています。

今後の成長にも期待ができる企業です。

フェア・アイザックの貸借対照表

フェア・アイザックの貸借対照表になります。(※2022年1月時点)

流動比率は99%、当座比率は91%となっています。

流動比率が100%を若干下回っていますが、短期的な支払い能力は問題なさそうに見えます。

少し厳しく安全性を見ると、当座比率が100%を下回っている状況です。

スポンサーリンク

フェア・アイザックの決算

ここでは、フェア・アイザックの「売上高とEPS(1株当たりの利益)」と「営業利益と当期純利益」を、四半期と通期に分けて見ていきます。

売上高とEPS(1株当たりの利益)

<四半期>

※四半期)Q1:2019/12、Q2:2020/3、Q3:2020/6…..

2021年四半期の売上高は、Q1~Q3で前年同期比を上回っています。

2021年四半期のEPS(1株当たりの利益)は、Q1~Q4の全てで前年同期比を上回っています。

2020年四半期では、売上高とEPSともに、Q1~Q4で右肩上がりに増加ていましたね。

※EPSは、Non-GAAPを参照

<通期>

通期の売上高およびEPS(1株当たりの利益)は、2018年から2021年決算まで堅調に増加しています。

売上高とEPSは右肩上がりに増加しており、しっかり企業成長していますね。

2019年と2020年の売上高成長率(対前年)は、2桁成長となっています。

同社は、収益性と成長性を兼ね備えた企業ですね。

※EPSは、Non-GAAPを参照

営業利益と当期純利益

<四半期>

※四半期)Q1:2019/12、Q2:2020/3、Q3:2020/6…..

2021年四半期の営業利益および当期純利益は、Q1~Q4の全てで前年同期比を上回っています。

2020年四半期では、営業利益が右肩上がりに増加しており、当期純利益は底堅く黒字を維持しています。

<通期>

通期の営業利益当期純利益は、2018年から2021年決算まで堅調に増加しています。

売上高営業利益率もしっかり右肩上がりに伸びており、2021年には30%超となっています。

本業での儲けが「好調」みたいですね。

今後の決算も引き続き、営業利益当期純利益の推移には注目です。

スポンサーリンク