【PNR】水ビジネスで持続可能なソリューションを提供|ペンテア

ペンテアの表題

こんにちは、かーくんです。

この記事では、水ソリューションを軸にビジネスを展開しているペンテア【NYSE:PNR】の企業情報や貸借対照表、決算を解説します。

ペンテア【NYSE:PNR】は、下記のアグリ・フードテック、水ビジネス関連銘柄となっています。

アグリ・フードテック、水ビジネス関連で、他の銘柄も気になる方はご覧ください!

関連記事

こんにちは、かーくんです。私たちの食生活や環境は、テクノロジーの進展により大きく変化しています。食にテクノロジーを掛け合わせた「アグリテック」「フードテック」の登場で、食のスマート化・IT化が進んでいきます。それは「食の姿や価[…]

アグリ・フードテック注目
関連記事

こんにちは、かーくんです。突然ですが、皆さん、「水」の重要性を感じていますか??私達が普段飲んでいる「水」は世界から見ると、とても貴重な資源になります。世界の人口が増加している中、その人口を補うだけの「飲める水」には限りがあり[…]

水への投資

本記事の内容は以下になります。

  1. ペンテアの企業情報
  2. ペンテアの貸借対照表
  3. ペンテアの決算

ペンテア【NYSE:PNR】は、一体何をしている企業か?

さっそく見ていきましょう。

ペンテアの企業情報

<Ticker symbol>

ペンテア【NYSE:PNR】

<関連分野>

SDGs、フードテック

<企業情報>

ペンテア(Pentair Public Limited Company)は、イギリスの多角化経営を行う水道企業です。

同社は、飲料水や水質管理といった私達の生活に不可欠な「水」ソリューションを提供しています。

同社は、住宅と消費者、産業、自治体、農業向けに特化したソリューションを展開しています。

<事業概要>

ペンテアは、「Consumer Solution」「Industrial & Flow Technologies」の2つのセグメントで構成されています。

Consumer Solutionでは、プールや住宅に関連する水処理製品・サービスを提供しています。

この事業の製品は、プール&スパ用バルブやフィルター、置換フィルタ、ろ過システム、水圧制御システムなどがあります。

他にも、水回りの修理サービスや給水・排水処理などを提供しています。

Industrial & Flow Technologiesでは、商業・産業や自治体、農業に関連する水処理製品・サービスを提供しています。

この事業は、ビジネスの分野(飲食店など)で使用される「水」に焦点を当てて、ろ過技術・水処理・給水サービスを提供しています。

この事業の製品は、給水ポンプや圧力洗浄ポンプ、水処理ポンプ、ろ過システム、フィルター、タンク、農業用灌漑などがあります。

商業・産業向けに包括的な水ソリューションを提供している感じですね。

スポンサーリンク

<注目ポイント>

ペンテアは、水ビジネスを通じて資源の持続可能な利活用やソリューションを提供しています。

同社は、SDGsにも関連する「持続可能な開発」に取り込んでおり、今後注目される分野でビジネスを展開しています。

ペンテアの貸借対照表

PNR_賃借対照表

ペンテアの貸借対照表になります。(※2021年6月時点)

自己資本比率は77.84%です。

流動比率は307.63%、当座比率は253.23%となっています。

固定比率は33.7%となっています。

流動比率および当座比率が100%を大きく上回っているので、短中期的な支払い能力は大丈夫そうですね。

また固定比率は、100%よりも低い水準なので、長期的な財務健全性も問題なさそうです。

スポンサーリンク

ペンテアの決算

ここでは、ペンテアの「売上高とEPS(1株当たりの利益)」と「営業利益と当期純利益」を、四半期と通期に分けて見ていきます。

売上高とEPS(1株当たりの利益)

<四半期>

PNR_<四半期>_売上高&EPS_2

※四半期)Q1:2019/3、Q2:2019/6、Q3:2019/9…..

2021年四半期(Q3, 4除く)の売上高およびEPS(1株当たりの利益)は、Q1とQ2で前年同期比を上回っています。

以下で、各年の四半期決算を見ていきます。

2019年四半期の売上高およびEPSは、増加と減少を繰り返していた感じですね。

2020年四半期の売上高およびEPSは、Q1とQ3、Q4で前年同期比を上回っています。

※EPSは、Non-GAAPを参照

<通期>

PNR_<通期>_売上高&EPS

通期の売上高は、2019年に少し落ち込みましたが、2017年から2020年決算まで増加傾向にあります。

通期のEPS(1株当たりの利益)は、2017年から2020年決算まで右肩上がりに増加しています。

同社は、収益性と成長性を兼ね備えた企業ですね。

※EPSは、Non-GAAPを参照

営業利益と当期純利益

<四半期>

PNR_<四半期>_営業利益&当期純利益_2

※四半期)Q1:2019/3、Q2:2019/6、Q3:2019/9…..

2021年四半期(Q3, 4除く)の営業利益と当期純利益は、Q1とQ2で前年同期比を上回っています。

以下で、各年の四半期決算を見ていきます。

2019年四半期の営業利益および当期純利益は、増加と減少を繰り返していましたね。

2020年四半期の営業利益は、Q1とQ3で前年同期比を上回っており、当期純利益は、Q1とQ3、Q4で前年同期比を上回っています。

<通期>

PNR_<通期>_営業利益&当期純利益

通期の営業利益は、2017年から2020年決算まで安定して利益を出していますね。

当期純利益は、2017年の利益を除き、2018年から2020年決算まで小幅増益で底堅く推移しています。

営業利益が落ち込むことなく推移しているので、本業での儲けは安定している感じでしょうか。

公益事業ということもあり、業績は安定してそうですね。

スポンサーリンク